サンタなんでどうでもいい

サンタなんでどうでもいい

肌寒くなってくると、なんだか人肌恋しくなってきませんか?
彼女もいない、友達も少ない、趣味もあまりない・・・。そんな時、私はついついデリヘルに行ってしまいます。
性欲の解消というのはもちろんですが、なんだか寂しいから行ってしまうこともあると思います。
ましてや、来月はクリスマスという独身男にはとても辛い季節がやってくるのです。

宇都宮だけかわかりませんが、毎年この時期になると、サンタクロースコス出張なるそんなにエロくもないイベントが開催されます。
あれは店側がお客さんの事何も考えていないイベントとしか思えないですね。
客が求めているのは恋人なのです。
サンタクロースのコスプレなんてどうでもいいのです。

それをわかっているお店が一つありましたので、先日この優秀なデリヘルを呼んでみました。
なんでも、部屋に入った瞬間から恋人プレイらしいのです。見る人からみればこっちの方が虚しいという言葉が聞こえてきそうですが、彼女のいない者にとってはこれ以上のサースはないでしょうね。

女の子が着き、部屋に入ると、広告通り、喋り方が恋人な感じでした。
馴れ馴れしさと程よいタメ口加減は本当に恋人のようで、あたかも付き合って2ヶ月目ぐらいの初々しい感じでした。
お風呂でシャワー度出しながら、にゃんにゃんプレイを楽しみました。
キスしたり抱き合ったり。激しい変態なプレイは避けていたのですが、これが功を奏し、ソフトな感じが最高に新鮮でした。
今までは欲望の思うままに最初から激しいプレイをしていましたが、大人なエッチ的感覚でこれまでに味わったことのない快感を得ることができました。

70分コースでお願いしたのですが、ソフトなプレイにすると時間も長く感じます。
大人なプレイといっても、彼女の割れ目からは大量の愛液がドロドロとしたたり落ち、太ももまで濡らしていたので、相当興奮していたのでしょう。
私は射精を我慢し、さらにネチネチと彼女の体を攻め続けました。
ベッッドの上に四つん這いにさせてお尻を私の顔に突き出してもらうと、彼女のあそこが丸見えになりました。
相変わらず愛衣液がすごかったのですが、私はしばらく何もせず観察して見る事にしてみました。

何もしないプレイという新境地にたどり着いたのですが、彼女は異様に興奮し、ただ見ているだけでイってしまいました。
こんな経験は初めてだったのですが、悪戯で息をふ〜っと吹きかけるだけで狂ったように体を震えさせて激しく感じているのです。
たまにクリトリスをペロッと舐めると、絶叫しイってしまいます。
これには私も興奮してしまい、そのままバックの体勢で素股をしたのです。

ただ単に素股をするだけではあまり興奮しませんが、この恋人のようなプレイをする事で、私は周りが見えなくなるほど興奮し、果てるのにそうそう時間はかかりませんでした。
プレイが終わり、部屋を出るまで恋人な感じを貫いてくれた彼女は、かなりプロ意識が高いと思いましたね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です